「小説」の記事一覧

元気がでる”美味しい”小説『食堂かたつむり』

食堂かたつむりのイメージ画像。

食堂っていい響きですよね?レストランでも居酒屋でもなく、食堂だからこそある温かみってありますよね?今回ご紹介する小説はそんな食堂が舞台の『食堂かたつむり』。突然全てを失った女性の再生の物語。

ライトなコメディ小説『 陽気なギャングが地球を回す 』

ギャングのイメージ画像。

今回ご紹介させて頂く小説は伊坂幸太郎先生の『陽気なギャングが地球を回す』だ。個性的すぎるメンバーで構成された強盗団は強盗にロマンを求めていた。そんな彼らは逃走中に接触事故を起こしてしまうのだが……!

スリルあふれる医療ミステリー チーム・バチスタの栄光

医療のイメージ画像。

医療ミステリー小説と聞いてあなたは何を思い浮かべるだろうか?そんな医療ミステリーの中で私が自信を持ってご紹介するのが「チーム・バチスタの栄光」だ。上質の医療ミステリーのあらすじをご存知だろうか?

ドラマはイマイチ。原作は面白い『書店ガール』

書籍のイメージ画像。

本屋の存在価値はずいぶんと薄くなっている。こじんまりとした本屋はつぶれ、書店が生き残るのが難しくなってきた。そんなひとつの書店を救うために奔走する女たちの痛快な物語!ドラマ化もされた話題作をぜひ。

“お笑い芸人としては”面白い『火花』

ピースの又吉直樹のイメージ画像。

NHKの番組を見る機会が多い私にとって、ピースの又吉直樹は、お笑い芸人よりもコメンテーターとしての側面が強い印象がある。この小説「火花」はそんな彼が書いた処女小説だ。面白いか、つまらないか果たして?

会社員だけど家買えない……。『フリーター家を買う』

家のイメージ画像。

就職した会社を3ヶ月で辞めてしまいフリーターとして生きる誠治の母が精神疾患を患ってしまう。「母さん死ぬな―」と思った彼の行動は家を買うことだった。果たしてフリーターの彼は家を購入することができるのか?

心温まる数学のお話。『 博士の愛した数式 』

数式 のイメージ画像。

家政婦として、しっかり働く彼女はある日年老いた元大学教師の家に派遣されることになる。その大学教授というのが奇妙で事故にあってしまった大学教授は事故の後遺症で80分しか記憶が持たないというのだった。

ドラマを見るぐらいなら小説を読め!『 アルジャーノンに花束を 』

ねずみのイメージ画像。

32歳のチャーリイ・ゴードンは幼児並の知能しか持ち合わせていなかった。ずっと誰かにバカにされ続けた彼だったが、そんな彼にひとつのチャンスが訪れる。彼をに頭を良くする手術をしてくれるというのだ。

100万部超えのやさしいベストセラー『 西の魔女が死んだ 』

魔女のイメージ画像。

少女『 まい 』はクオーター。色々なことが原因で中学校にいきづらくなっていた。そんな、まいをつれては母親は祖母のもとへ連れて行く。異世界のような田舎でまいは『 西の魔女 』のもとで“ 魔女修行 ”をすることに

江戸の時代の妖怪ファンタジー『 しゃばけ 』

人と妖怪のイメージ画像。

アニメやマンガの世界では妖怪というのは、ポピュラーな存在。
鬼太郎だったり、ジバニャンだったり、デフォルメされた妖怪のほうが人気ですが、このしゃばけは妖怪たちが登場する和風ファンタジー小説になります!

このページの先頭へ