『 コクヨ式 机まわりの「整え方」 』社内で実践している「ひらめきを生む」3つのコツ

拝啓、齋藤 敦子先生へ

オフィスのデスクのイメージ画像。

オフィス環境を知的生産の場所にする――そんなコクヨだからこそできる提案。

ビジネスマンであれば、日々の仕事に追われて「 自分の机が汚い 」と思ったことがあるのではないだろうか?

また、自分の趣味や、プライベートなもので机が溢れかえっているという人もいるかもしれない。

『 仕事が出来る人は机がキレイ 』
とも言われるとおり、その逆もしかりである。

机がキレイだからこそ、仕事ができるといっても過言ではないだろう。


この一冊には社内で実践している、個人でも実践することができるひらめきを生むコツや、生産性を向上させる工夫などが随所に散りばめられている。

オフィス家具や文房具を手がけるコクヨだからこそできること。



今からでもできるいろいろなアイディアや、創造的なワークスタイルを実現させる、方法が盛りだくさん!

「 いいアイディアはいい環境から生まれる 」

だとしたら、今のあなたのオフィスは?



いいアイディアはいい環境から生まれる

いいアイデアを生むノートのイメージ画像。

環境が思考に影響を与えるとは欲いいますが、実は毎日仕事をするオフィスも、あなたの仕事に大きく関ってきます。

長年、オフィス家具や文房具を扱ってきた「 コクヨ 」だからこそできること。

長年の調査、研究で判明した「 いいアイディア 」を産む「 いい環境 」の作り方とは――?


ちょっとした工夫や、身の回りを整えるだけで、あなたのオフィスが知的空間に変わる。

業種や職種を問わず、創造的なワークスタイルを目指すビジネスマン必読の一冊!



目の付け所がコクヨ!

私もどちらかと言えば、机は汚く。

急ぎの仕事があったときには、めちゃくちゃになっていました。

それが原因で、仕事がはかどらなかったのか……。

と、この本を読んでよ~く理解したつもりです。

この本にはオフィス周りの整理整頓法だけでなく、いかに効率的に時間を使うかなど、ビジネスマンである我々が忘れてしまいがちな、ことが丁寧に書かれています。


また、この本を読んでから自分n会社を見回してみると、確かに“ ムダ ”がたくさんあることに気がつきます。

「 今まで俺はこんな能率の悪いことをしていのか…… 」
とショックを受けてしまう人もいるかも?

仕事をする上でそこまで意識しなかった、

仕事道具と、仕事場所のことをこの本をキッカケにアナタも考えてみませんか?

ちょっとの手間で、今までの仕事が大きく変わる!



作者の情報

齋藤 敦子(さいとう あつこ)

コクヨ株式会社の働き方とワークプレイスの研究機関「 WORKSIGHT LAB. 」の所長。
日系ニューオフィス賞など、受賞し企業のワークプレイスの専門家。

このページの先頭へ