「読ませる」ための文章センスが身につく本。

拝啓、奥野 宣之先生へ

本のイメージ画像。

多くの人が何かしらの形で、自分の書いたものを人に見せる機会が増えてきた。

それはSNSにしろ、自分自身のブログにしろ。

もちろん、仕事の上でも文章を書く力というのは必要になってくる。

いかに自分の言いたいことを相手に読み取ってもらえるか、という部分において日本人はまだまだ勉強不足なところがある。


また、ビジネスパーソンだけでなく、作文や論文などいろいろと“ 書く ”機会が多い学生にとっても、伝わりやすい文章を書くことは必要になってくるだろう。


この本ではさまざまなシチュエーションに合わせて、どのような文章を書いたらよいのかを例を含めて、しっかりと紹介している。


この本を読めば

「 こんなときに何を書けばいいんだっけ? 」

と困ったときにあなたの助けになるだろう。


また、文章を書くに当たって必要な項目を事細かに書かれているため「 私は文章を書くのが苦手で…… 」という人にもおすすめしたい一冊だ。



どんな内容も読んでもらわなければ意味が無い!

文章を書くイメージ画像。

誰にでも分かるように、伝わりやすい文章を書くことはとても大切です。

しかし、どんなに良い文章であったとしても、読まれなければ意味が無い!

実際に、ビジネスの現場で働いている人のために、本書では誰にでも読まれやすく。

内容を伝えやすく、そして、文章を書くことが楽しくなる文章術を紹介しています!

この本は企画書を書いたり、提案書を出したり。

謝りの謝罪文を送ったり、メールやブログなど他の人に自分の文章を見られることが多い人の文書をもっと分かりやすくするための本です。


各章ごとに、読ませる文章を書くために必要な“ 心得 ”がたっぷり詰まっています!



あなたが作る文章はホントウに大丈夫?

「 読んでもらえなければ意味が無い 」

言われて見れば、当たり前のことだけれども書くほうからすれば、文章を書くことだけに集中しているから、どんな風に読まれるかなんて意外と二の次だったりします。


自分が書きたいことばかりが先行してしまって、肝心の内容が伝わっていない、ということは誰しも経験したことがあるおではないでしょうか?


しかし、この本では、

そんなついついやってしまいがちな文章を作るうえでの注意点などを、事細かに説明しています。

また、この本の面白いところは、実際に例があるということだけでなく。

ネット上でのツッコミへの対応など、私たちの実生活において必要になる部分にまで言及されているのが面白い!


文章を指導する本って意外と少なくないのですが、どの本も内容が内容だけに教科書のような固い文章になって、結局何が言いたいのか分からなくなってしまうということもあります。


でも、この本なら読んでいる方も

「 こんな文章を書いてみたい! 」

と思わせる文章の書き方をしているので、これから社会人になる人も。


今、社会人でうまく企画書が通らない、なんて人も

「 勉強するぞ! 」

と肩に力を入れるのではなく

「 とりあえず読んでみよう 」

と言う意気込みで読むことをおすすめします。

そして、この本に書いてあることを意識するだけで、ずいぶんと文章の書き方が変わってくることでしょう!



作者の情報

奥野宣之(おくの のぶゆき)

1981年生まれ。出版社や新聞社への勤務をへて、現在フリーランスとして、さまざまなジャンルの本を執筆。自身の体験から書かれた『 情報は1冊のノートにまとめなさい 』は31万部のベストセラーとなる。

このページの先頭へ