占いは全て深層心理を読み取ることだった?『なぜ、占い師は信用されるのか?』

拝啓、石井裕之先生へ

占いのイメージ画像。

「当たると評判の占い師」がいるとします。

でも、その人に相談してアドバイスを受けるときに、どうしてすんなりとその話を信じてしまうのでしょうか?



また言ってしまえば、朝の血液型占いなんかも、科学的な裏づけがあるわけでもないのに、私たちはソレが当たり前だと気づかないほどに信じ込んでしまいます。



でも、なぜ占い師の言うことをすんなりと信じてしまうのでしょうか?


コールドリーディングという心理テクニック

コールドリーディングという心理テクニックのイメージ画像。

コールドリーディングという言葉をご存知でしょうか?


これは深層心理を使って、相手を信用させるという方法です。


このコールドリーディングを身に着けることさえできれば、初めて会った人であろうとも、たちどころに信頼関係を築くことができるのです。



「あっ」と言う間に信頼関係を築くことができる方法こそがコールドリーディングなのです。



コールドリーディングのメカニズムとは

「この人は私のことをわかってくれている」と勝手に相手に思わせることです。


相手に自分を思い込ませれば“ウソがホントになり、ホントがウソになる”のです。


コールドリーディングというテクニック

非常に面白い本だったし「そういえば!」と思わせるだけの説得力が、この本にはありました。
言われて見れば占い師だって、タダの人間なんだし。


ついさっき会った人間の言うことを聞くというのも、可笑しな話だ。



しかも、人によっては数千万と言うお金を貢いでしまう……。



それをタダ単に「バカだ!」と笑うのではなく、その技術を学び、自分がコールドリーディングを使われても惑わされないようにするのが、この本書の正しい使い方だろう。



また、この本書の中には日常生活の中で使える心理テクニックが盛りだくさんだ。



人間関係に疲れている人、悩んでいる人こそ読むべき一冊だと言えるだろう。


実戦するのは難しい……

本書の中では、カンタンにコールドリーディングの技術を紹介しているのだが、それを実戦するのは本当に難しい、難しい!


バカマジメに一生懸命努力しても、信用されるのは難しいのにも関らず占い師は、一瞬で信じられてしまう。



さすがにソコまで行くのは難しいかも知れないが、出来る限りコールドリーディングを実戦して、人間関係を上手に築いてみたいと思う。


作者の情報

石井裕之(いしい ひろゆき)

催眠療法やカウンセリングの施療経験をベースにした独自のセミナーを指導し、その技術を広くの人へと広めている。

主な著書に『コミュニケーションのための催眠誘導「何となく」が行動を左右する』『一瞬で信じこませる話術コールドリーディング 』などがある。

このページの先頭へ