言うほど低いか?「日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?」

会社に対する貢献度が、世界と違う?

拝啓、ロッシェル・カップ先生へ

モチベーションを上げているイメージ画像。

今回、ご紹介する本である「日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?」は中々ショッキングなタイトルだ。


それゆえ、タイトルに引かれて電灯に集まる虫よろしくひきつけられたわけだが。

タイトルだけでも、ものすごく文句を言いたい。
日本人の社員がモチベーションが低いとは、私は思ってはいない。

むしろ海外の社員なんかより、愛社精神にあふれ、サービス精神だって旺盛だ。



しかし、なぜこの本の作者はこのようなタイトルをつけたのだろうか?


数値に表れる「日本神話」の崩壊

著者ロッシェル・カップは、本書の中でさまざまな数値を引き合いに出し、日本人のモチベーションの低さを証明している。


本書でも「エンゲージメント」という、「社員の企業に対する関与の度合いと、仕事に対する感情的なつながり」を表す数値を例に出して、日本人のモチベーションの低さを説明していた。


確かに、残業が多いのにも関わらず日本人の生産性が低いことは世界的に有名だ。

本書を読んで分かったことは、経済大国第3位という日本は、労働者たちの長時間労働によって成り立っているということだった。

そして、本書を読み解く限りではどうやら日本人は“勤勉”とは程遠い人種だということらしい……。


「そうだ!」と思うか?

最初こそ、筆者が書いてあることを否定しながら呼んでいたが、途中から出される現実的な数字に私は参った、完敗だ。

読めば読むほど、日本人というやつは「仕事が忙しい」といいんがらダラダラと働いているだけだということが分かったからだ。


たしかに、アホな上司がいつまでも帰宅しないから残業をしなければいけないという雰囲気は、日本独特だろうし。

そして、馬鹿馬鹿しいことだとも思う。

「それが文化だ!」と言われればそうかもしれないが、外国人である著者からすれば、それはすべて“ムダ”に映っているように感じた。


「違う」と思うか?

ただ、勤勉に働いていないかといわれてば、決してNOではない。
それに下っ端で働くわれわれサラリーマンがこの本を読んだからといって、何ができるわけでもないのは事実だ。



だが、そんな部下を持ち、上の立場で働く人間なら、一度読んで今までの間違った価値観を変えて欲しいと思う。


私たち、日本人だって誰も喜んで残業をしているわけじゃない。
そしてそれを許さないのは、日本人ではなく、

会社の上司たちなのだから。


作者の情報

ロッシェル・カップ
職場における異文化コミュニケーションや人事管理などを専門とする経営コンサルタント。
シリコンバレー在住のMBA取得者。

主な著書に『外国人部下と仕事をするためのビジネス英語―指示・フィードバック・業績評価』『グローバルエリートのビジネス・キーワード100』などがある。

このページの先頭へ