言うほど低いか?「日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?」

モチベーションを上げているイメージ画像。

今回、ご紹介する「日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?」のタイトルに反感を持つ人は多いだろう。しかし、実際に中身を呼んで見るとぐうの音も出ないほどの正論があなたを待っている……。

ドラマはイマイチ。原作は面白い『書店ガール』

書籍のイメージ画像。

本屋の存在価値はずいぶんと薄くなっている。こじんまりとした本屋はつぶれ、書店が生き残るのが難しくなってきた。そんなひとつの書店を救うために奔走する女たちの痛快な物語!ドラマ化もされた話題作をぜひ。

教師になるための裏側『教員採用のカラクリ「高人気」職のドタバタ受験事情』

教師のイメージ画像。

教師。あなたは教師という職業に対してどのようなイメージをもっているだろう。私はといえば胡散臭いとしか思っていない。そんな教師になるための教科書が『教員採用のカラクリ「高人気」職のドタバタ受験事情』だ。

そんな直球に聞かなくっても『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』

女子のイメージ画像。

私の独断と偏見に満ちた意見を言うならば、女子というのは大学生までだ。女子大生とは言うけれど、OL女子と言い方はしないではないか。そんないつまでも女子でいたい女性の心理を面白おかしく書いた1冊。

ひとりの塾講師との出会いが人生を変えた?『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』

女子学生のイメージ画像。

「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」夢物語だろうか。いや、この話は実話を元にした話だ。聖徳太子の読み方すら分からなかったギャルを慶応大学にまで合格させた奇跡の実話。

“お笑い芸人としては”面白い『火花』

ピースの又吉直樹のイメージ画像。

NHKの番組を見る機会が多い私にとって、ピースの又吉直樹は、お笑い芸人よりもコメンテーターとしての側面が強い印象がある。この小説「火花」はそんな彼が書いた処女小説だ。面白いか、つまらないか果たして?

ストレスがたまりがちなアナタへ。『実践!ストレスマネジメントの心理学』

ストレスを抱えている女性のイメージ画像。

溜まってしまったストレスをどうしていますか?爆発させるまで放っておく?それとも上手にマネジメントできる?ストレスという現代社会を生きる我々にとって避けては通れない問題を分かりやすく解説した一冊です。

占いは全て深層心理を読み取ることだった?『なぜ、占い師は信用されるのか?』

占いのイメージ画像。

コールドリーディングという言葉をご存知でしょうか?これは深層心理を使って相手を信用させる方法です。このコールドリーディングを身に着けることさえできれば、アナタも人を自由に動かすことができるのです。

会社員だけど家買えない……。『フリーター家を買う』

家のイメージ画像。

就職した会社を3ヶ月で辞めてしまいフリーターとして生きる誠治の母が精神疾患を患ってしまう。「母さん死ぬな―」と思った彼の行動は家を買うことだった。果たしてフリーターの彼は家を購入することができるのか?

こんな会社で働きたい。『日本でいちばん社員満足度が高い会社の非常識な働き方』

転職のイメージ画像。

電話がない。顧客に会わない。上司は怒らない。10連休が年に4回。会社員にiPhoneを支給。そんな社員に甘い会社がある――。夢のような高待遇で社員を甘やかしているにも関らず成長を続ける会社の秘訣とは?

このページの先頭へ